images 認定こども園 山王台幼稚園 風の子こども園

園長のご挨拶

航海に例えれば、かわいい水兵さんたちの冒険の旅はまさに始まったばかりで、希望にあふれ、未来は光に満ち満ちています。わたしたちは水兵さんたちの行く手を照らす灯台になり、体を休める寄港地になり、ときにコンパスとなって、ともに空を見上げます。旅立ちの日は誰もが心躍るけど、長い航海の間には波の高い日や冷たい雨に濡れる日もあります。

だけどどんなときも笑顔を絶やさず、夜の終わりを信じて高く帆を張り続けたものだけが、目的地にたどり着くことができる。とどまることなく、挑み続ける勇気を。そのために必要なものは、くじけない心と体。 大きくなりましょう。強くなりましょう。水兵さんたちの旅の向こうにあるものを知りたくて、わたしたちもまた航海を続けています。



園長 田野岡由紀子
公益社団法人横浜市幼稚園協会元副会長
平成30年度神奈川県私立学校教育功労者表彰受賞

本園の特色

昭和49年の創立以来約半世紀にわたり地域に根差した幼児教育を行ってきた山王台幼稚園は、幼稚園と保育所の機能・特長をあわせ持つ子育て支援施設「幼保連携型認定こども園」です。乳児から幼児まで約300人の園児たちが、同敷地内で一貫した教育保育を受けています。

本園の特色は、大型遊具のある広い園庭と、雨の日も元気に体を動かせる体育館。また、近隣の付属農園では土に触れ収穫を体験。自然を愛する心や食べ物への関心が芽生えます。各保育室に暖房便座付きトイレや水飲み場を備え、全室に冷暖房を完備しています。

沿革

1974年 開園 設置者川井男次・初代園長加藤英男。当時は2年保育のみ。茶道保育開始。付属農園設置。
1979年 川井男次園長を兼任
1982年 体育館兼公会堂を建設
1984年 3年保育開始
1985年 学校法人山王台学園山王台幼稚園として発足。川井男次が初代理事長に就任
2002年 川井男次退任、名誉園長に就任。田野岡由紀子、第3代園長に就任
2003年 川井男次理事長退任。第2代理事長に川井英憲就任
2013年 認定こども園として、風の子こども園を併設
2015年 幼保連携型認定こども園「認定こども園 山王台幼稚園・風の子こども園開始

制服

2015年度より一新した制服は、すべてが本園オリジナル。伝統ある山王台グリーンを基調に、個性的で洗練されたチェックを大胆に採用するとともに、動きやすく着心地のいい素材を厳選。アクティブな幼稚園生活をサポートします。

Image

施設

横浜市街を見下ろす高台の緑豊かな環境のもと、子どもたちが伸び伸びと学び遊べるよう、園内の環境を整えています。クライミングボードのある広い体育館や、大型遊具のある園庭、藤棚の下には砂場が広がり、花壇には四季折々の花が咲き誇ります。

茶道教育のための本格的な茶室や、絵本や紙芝居が借りられる図書コーナー、各教室に設置した子ども用トイレなど、利便性にも配慮。また、園の一角にはニワトリやうさぎなど小動物の飼育小屋があり、じゃがいも掘りなど収穫が楽しめる付属農園とともに子どもたちのあふれる好奇心を延ばす手助けをします。

Image
Image
Image
Image
Image
Image
安全面での対策:
  • 事故や災害の発生に備え、地域の警察や消防署の担当者を招いての防犯・防災訓練を定期的に実施するとともに、防災マニュアルを作成し、職員一同に徹底指導しています。
  • 正門門扉にはオートロックを施工、防犯監視カメラを教室内を含め園内随所に設置し、警備会社と契約するなど、安全面に配慮しています。

個人情報の取扱:
  • 個人情報は園児の在籍管理や教育活動等、園の運営のためのみに使用し、正当な理由なく第三者に提供することはありません。また、業務を委託する際は、管理責任の重要性の遵守を徹底するとともに、必要最低限での運用を図り、安全管理に努めます。
災害への対策:
  • 非常用物品(水、食料、毛布、簡易トイレ等)を常時備蓄。緊急時には保護者の皆様に正確な情報を迅速にお伝えするべく、緊急時メールシステムを整備しています。

園児通園バス運行ルート

 1号車
青コース レイディアント横濱 → 永田堂ノ谷第二公園 → パークホームズ → レジデンス永田台 → 南永田団地バス停
黄コース レーベンハイム東戸塚 → 大郷山 → 増田園 → 六ッ川四丁目 → サイゼリヤ戸塚平戸店 → 六つ川西小歩道橋 → そうてつローゼン六ッ川店駐車場 → 神奈川県立こども医療センター → 大池
緑コース SHELLガソリンスタンド → ;第一公園(三金) → さかえ薬局 → アンドレスの丘 → 別所中里台 → 山屋内科
 2号車
赤コース 六ッ川三丁目 → 六ツ川台団地 → パークタウンG棟 → 田中コーポラス → 南永田入口
水色コース 狩場第三公園 → 瀬戸ヶ谷 → 永田北一丁目 → 山王下 → ファミリーマートシマダ永田北2丁目店
オレンジコース スーパーTAIGA永田店駐車場 → 永田東三丁目公園 → 井土ヶ谷マルエツ → 南太田四丁目 → かもめパン
紫コース ひかりが丘 → ダイヤパレス → 川崎信用金庫(裏口) → 白幡神社

◎バスの運行コースおよび周り順は、利用人数により毎年変更があります。
◎バスの接近を通知するスマートフォン用アプリを無償で提供しています。